«

»

5月 14 2020

三菱UFJフィナンシャル・グループ「新型コロナウイルス、 学生バイト等20億円支援・100億円の投資ファンド立ち上げ」


株式会社三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(代表執行役社長 亀澤宏規)は、 4 月に決定した日本赤十字社への 5 億円の寄付に続き、活動自粛をはじめとする感染拡大防止措 置の長期化に伴い、社会・経済に広範かつ甚大な影響が生じていることを受け、以下対応を決定した。

グループ 6 社(MUFG、株式会社三菱 UFJ 銀行、三菱 UFJ 信託銀行株式会社、三菱 UFJ 証券 ホールディングス株式会社、三菱 UFJ ニコス株式会社、アコム株式会社)より、学生の進学・ 生活および芸術活動の継続等に対し最大総額 20 億円を寄付・支援するとともに、今後、治療薬・ ワクチンの研究開発等の支援を目的とした 100 億円規模の投資ファンド立ち上げを検討する。

学生の進学および生活に対する 12 億円の寄付・支援

  •  意欲や能力があるにもかかわらず、コロナ影響等の経済的理由で進学を諦めたり、病気や 災害等で親を亡くした子どもたちを支えたいとの想いから、「日本学生支援機構」および 「あしなが育英会」に対し、それぞれ 5 億円、計 10 億円の寄付を実施。
  •  学生にアルバイトの場を提供することを目的に、非対面アンケートやインタビュー調査を 実施。若者のニーズを収集し、新商品・新サービスの開発に活用(合計 2 億円)。

芸術活動の継続に対する 3 億円の寄付

  • 人々の心を潤し暮らしを豊かにする芸術活動の継続を支援したいとの想いから、「公益社団法人 日本オーケストラ連盟」に対し、3 億円の寄付を実施。

医療関係機関への最大 5 億円の寄付

  • 顧客と共に取り組む寄付・支援の枠組みとして、お顧客のインターネット取引(三菱 UFJ ダイレクト等)の 利用に応じ、日本赤十字社等の医療関係機関に対し、最大 5 億円の寄付を実施。

医療産業支援を目的とする 100 億円規模の投資ファンド立ち上げの検討

  • 治療薬・ワクチンの研究開発・製造に取り組む企業等、新型コロナウイルス感染症により顕在化 した社会課題の解決に資する優れた技術・サービスを持つ企業を支援することを目的とした 100 億円規模の投資ファンドの立ち上げを検討。

https://www.mufg.jp/dam/pressrelease/2020/pdf/news-20200514-001_ja.pdf

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js