«

»

5月 11 2020

みずほ銀行他「『+メッセージ』を活用した共通手続きプラットフォーム『AIRPOST』を構築


みずほ銀行、三井住友銀行、三菱 UFJ 銀行をはじめとする金融 7 社、 NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯 3 社、ならびにトッパン・フォームズは、2019 年 4 月の合意から検討を重ねてきた共通手続きプラットフォーム「AIRPOST(エアポスト)」の構築に賛同し、トッパンフォームズが 2020 年 6 月下旬(予定)から顧客向けにサービスの提供を開始する。

「AIRPOST」は従来顧客が企業別に行う必要があった諸手続きを共通化し、高いセキュリティで安全・安心に利用できるワンストップサービス。

携帯 3 社が提供する RCS(Rich Communication Services)に準拠したメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」との連携により、「AIRPOST」公式アカウントという共通のユーザーインターフェースでの一括手続きが可能となり、顧客の利便性向上や各社の業務効率化を実現する。

https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20200511release_jp.pdf

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js