«

»

6月 17 2021

百五銀行「TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言へ賛同」


株式会社百五銀行(頭取 伊藤 歳恭)は、「TCFD*(気候関連財務情報開示タスクフォース)」提言(以下、TCFD提言)への賛同を表明した。

同行は 1999 年 6 月に環境方針を制定し、2019 年 10 月には「百五銀行グループSDGs宣言」の重点課題の一つに「地球環境・地域環境の保全」を掲げ、森林保全活動や、再生可能エネルギー関連融資の推進など、環境保全への取組みを積極的に進めてきた。

近年、世界各地で異常気象や自然災害による被害が甚大化しており、気候変動への対応は企業経営の大きな課題となっている。こうした状況のなか、同行はTCFD提言に賛同し、気候変動が顧客および同行に及ぼすリスクと機会を把握、評価するとともに、ステークホルダーへの情報開示の充実に努める。

*TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)
G20 財務大臣・中央銀行総裁会議の要請を受け、金融安定理事会(FSB)が、2015 年 12 月に設置したタスクフォース。
TCFDは 2017 年 6 月に最終報告書(提言)を公表した。本提言は企業等に対して、気候変動関連のリスクと機会を把握および評価し、「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」について開示することを推奨している。

20210615_02.pdf (hyakugo.co.jp)

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js