«

»

6月 04 2021

SBIホールディングス「新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施」


SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾 吉孝)は、職域での新型コロナウイルスワクチン接種を開始する政府発表方針に沿い、ワクチンの職域接種に全面的に協力する。

動社グループは、政府方針に沿った運営体制の確認、医療従事者との連携を十分に確保した上で、政府よりモデルナ社製ワクチンの配布を受け次第、6月21日(月)を目途として開始するべく準備を進める。

ワクチン接種の対象者は、首都圏に勤務する同社グループ従業員(約5,000人)とその家族、ならびに同社グループに常駐する業務委託先社員で、希望する者全員とする予定。また、従業員等の接種が終了した後には、同社グループ出資先や提携先等へも医療従事者リソースの提供等を検討する。

同社グループではこれまで、全面提携する医療法人社団T.O.Pドクターズ 東京国際クリニックと連携して、同社グループの希望する全従業員に対する抗体検査や2回にわたるPCR検査(のべ約10,000人)を実施したほか、インフルエンザワクチンやMR(麻しん風しん混合)ワクチンの職域接種を実施した実績を有している。

新型コロナウイルスワクチンの職域接種においても、同クリニックと連携して十分な医療従事者リソースおよび設備を既に確保し、政府よりモデルナ社製ワクチンの配布を受け次第、接種を開始することが可能と考えており、同社グループだけでなく広く出資先や提携先等に対しても接種環境を提供することで、一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束し、すべての方々が日常を取り戻すことができるよう、同社グループでのワクチン接種を通じて日本経済の早期回復に寄与する。

新型コロナウイルスワクチンの職域接種の実施について(SBIホールディングス)|ニュースリリース|SBIホールディングス (sbigroup.co.jp)

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js